MENU

2人目の日本人NBAプレイヤー誕生も間近?!富樫勇樹選手がマブスのサマーリーグメンバー候補

むこう10年日本人プレイヤーなど出てこないだろうとバスケ界では常に語られてた中、田臥選手がはじめてNBA選手として契約。
だが、無情にもクイックネスはNBAプレイヤー達におとることは全くないものをもっていたがアウトサイドの決め所などやはり1つの突出したスキルだけではかなわないのか・・・と日本人も悔しい思いをして数年・・・

【 以下NBA.com Japanより転載 】
夢のNBA入りを目指して6月7日に渡米した富樫勇樹(前bjリーグ秋田ノーザンハピネッツ)が、ダラス・マーベリックスのサマーリーグチームのロスター候補に選出された。

富樫のマネジメント会社であるCloud9の発表によると、富樫はマブスのドニー・ネルソン球団社長から現地7日に始まるサマーリーグ前のミニキャンプへの参加要請を受けたという。

富樫は現地7~9日にダラスで開催されるこのミニキャンプに参加し、サマーリーグのロスター入りを目指す。現地11日から始まるラスベガスでのサマーリーグに参戦するマブスは、9日までに最終ロスターを絞り込む予定だ。

1993年7月30日生まれ(20歳)、新潟県出身の富樫は、昨季までの2シーズンをbjリーグの秋田ノーザンハピネッツで過ごし、1年目の2012-13シーズンに新人賞、2013-14シーズンにベスト5、最多アシスト賞を獲得した。5月25日に有明コロシアムで行なわれたbjリーグ ファイナルズでは、琉球ゴールデンキングスに89-103で敗れたものの、富樫はチームハイの30得点に加え、5アシストをマークした。

シーズン終了から12日後の6月6日には、東京都渋谷区恵比寿で行なわれたNBAファイナルのパブリックビューイングにゲスト参加して会見を開き、NBA挑戦を正式に表明していた。




RELATED ARTICLES