MENU

NBAプレシーズン注目はダントツで渡邊雄太選手!NBA契約となる可能性が高い渡邊雄太選手は大注目。

7月の2way契約からNBAファン、NBA日本人選手誕生をみるのがいつになるのか・・・とファンは毎年おもっていたはず。
そしてついに14年ぶりに日本人ファン待望のNBA契約となる可能性が高い渡邊雄太選手は大注目。

アウトサイドよし。インサイドよし。ダンスもよし(キュートな動画がある種バズる結果に笑)

現在(2018年10月10日時点)ではメンフィスグリズリーズの一員。

日本人選手がNBAのコートに立つこと、ダンクをする事。バンクショットであろうがクラッチショットとなる3ポイントを決めるシーン。
1試合だけでも、ものすごく衝撃をあたえてくれました。

これまで、日本人でNBAチームと契約を結んだことがあるのは渡邊選手を入れて3人のみ。
2004年にフェニックス・サンズと契約を結び、4試合に出場した田臥勇太選手(現栃木ブレックス)、14年にダラス・マーベリックスと契約した富樫勇樹選手(現千葉ジェッツ)、そして渡邊選手となる。
その中でも、渡邊選手には非常に大きな期待がかかっています。とは明らか。

今まではガード主体、日本人らしいクイックネスが重視されていてNBAも目星をつけていたのかもしれませんが、今回はポジションとしてはSF状況によってはSFもこなせる2メーター
ワイドスパンも日本人離れしている萌まられた体系と、チームメイトにも愛されている彼のNBA契約をみなさんで願いましょう!!

ちなみに以下の4Q延長に持ち込んだバンクショットスリーは日本のNBAフリークの永遠の記憶になる事まちがいなし。

この後は八村選手など、楽しみな選手が増えてきている日本バスケ界。BリーグからNBAというステップも是非かなえてほしいものです。




RELATED ARTICLES