MENU

秋の夜長には90年代R&Bが最適

今のR&Bも最高ですが、心地よい眠りにつかせてくれるトラックではない部分もありますので
年末まで秋と冬にマストな曲をご紹介していきます。

90年代のR&Bはメインストリームで活躍するガールズグループからニュージャックスウィングのムードを保ちつつシーンを席巻していたアーティストも多数。

その中でも今回は2曲ほどご紹介。

【シャニース】
人気テレビ番組での注目をあつめレコード会社と契約。今も昔も表現方法は違えどシャニースも10代のアイドル歌手のような扱い。

Shanice – I Love Your Smile

いろんなDJのmixには必ずといってもいいほどこの曲はセレクトされていましたね。
2000年代のクラブでも朝方流れてくると心地良くしてくれる一曲。

【テビン・キャンベル】
12歳でクインシージョーンズの楽曲に参加して見いだされた彼。
16歳の頃にリリースされたアルバム。

Tevin Campbell – Can We Talk?

この曲はこの時代、飛ぶ鳥を落とす勢いのベイビーフェイスが参加。
今でもクラシックでカフェやソウルバーなどでたまに聴ける一曲ですね。

90年代はおどろくほど素晴らしい曲が多く、今の時代では聴く機会がない方々にも是非一度聴いてもらえると音楽の趣向が少しかわるかもしれませんね。




RELATED ARTICLES