MENU

Back in the Days

Back in the Days『Back in the Days』は、1980年から89年に出現したヒップホップ・シーンのドキュメント、それもヒップホップが数百万ドルに達する多国籍産業になる以前のドキュメント
当時を振り返ると、非行グループは銃ではなくてブレイクダンスでけんかをした。当時を振り返る(back in the days)と、企業の戦略ではなく、ストリートがスタイルの基準を作った。
当時を振り返ると、ジャメール・シャバズはその場に居合わせ、ハーレムやクイーンズ、ブルックリンで、逆境にめげずに生きる人々や、のんびりする人々の日常の姿を写真に撮った。
シャバズの題材となった若者たちは、その後の20年間のファッション界では見られない態度でストリートを派手に闊歩し、スーパーモデルも顔を赤らめるようなポーズを取ってみせる――カンゴールの帽子とガゼルのめがね、シェルトップのアディダス、太いひものついたスエード革のプーマ、なめし皮のコートとレザー・ジャケット、金のロープ・チェーン、ドアノッカー形のイアリング、ネーム・ベルト、ラジカセなど、デザイナー・ブランドの装飾品をこれみよがしに見せている。「本物を身に着けろ」がなにを意味するのか知りたい人には、『Back in the Days』は夢のような本である。(Book Description)

Book Descriptionにもあるようにこの表紙を見てカッコいい!クール!!と思うか否かはヒップホップカルチャーに精通しているなどという事は全くもって関係なく、自己の感性に問いかけた時、あなたはどう思うか?ここから新しい何かを見つけられる事は多くあるはず。




RELATED ARTICLES